ダルビッシュ有がプロで活躍した理由

ダルビッシュ有が2016年10月のGet Sports(テレビ朝日で日曜深夜に放送)の稲葉篤紀とのインタビューで語っていたことに勇気をもらえたので、書きたいと思います。

まず、ケガとの戦いを振り返って

稲葉:「どうですか。2年間って・・・ 長かったですか。」

ダル:「いや・・・短かった・・・」     

「けっこう、日本のときは、もっと楽しくやってたんですよ。野球を。ニッポンハムで投げるのもすごく好きですし。毎。日、球場行くのも楽しかったですし。こっちきてだんだんそういうのなんかちょっと落ちてきてた部分もあって・・・まあ、ダメなんですど・・・また、最近はやる気になってますけど・・・そういう意味ではいい時間だったのかなとは思いますけど。」

稲葉:「でも、ひょっとしたら、治らなかったらどうしようという気はなかったですか」

ダル:「もちろん、それは、治らなかったら、もう投げられないとは思いましたけど・・・でも、まあ、セカンドキャリアというか、第二の人生を歩めばいいだけじゃないですか・・・」

稲葉:「第二の人生、もう考えているんですか」

ダル:「それはもう、もちろん、考えますよ。」

ひじの人体損傷という選手生命を失いかねない選手生命の危機。

しかし、ダルビッシュは着々とメジャーで戦うための武器を磨いていた。

目に見えて変わったのは、身体。

手術前101㎏から手術後107㎏に増やしたという。

体に人一倍気を使っていたのだ。

おととし(2014年)、自宅を訪ねた際に、これから勉強していく本、として並んでいたのは、

「よくわかる栄養学の基本としくみ」

「よくわかる病理学の基本としくみ」

「よくわかる生化学の基本としくみ」

「よくわかる生理学の基本としくみ」

「よくわかる最新「脳」の基本としくみ」

「これ読むだけで、昨日と今日とは違うだろうし。何もしていなかったら、昨日と今日は同じじゃないですか。何かすることで今のままじゃなくなるから、何かしたい、と思っているんですけどね。」

目指す身体を作るために必要な栄養や効果的な食事のとり方の専門的な知識を勉強。さらにトレーニング方法も学び積極的に取り入れ、肉体改造を行ってきた。

復帰初戦98マイル(158㎞/h)、復帰2戦目では、メジャー自己最速の99マイル(159㎞/h)をマークし、連勝をあげた。

対戦打者も手術後に球威が増したと評価している。

本人も復帰後、バッターがストレートに遅れていると感じているという。

ここからは、ニッポンハム時代からの【トレーニングを始めた原点】について。

稲葉:「そういう考え方になったのって、どういうのがきっかけだんたんですか」

ダル:「(プロ)2年目にヤクルト戦があって、自分、投げてたんですけど肩の状態があんまりよくなくて、最後はラロッカかギグスか忘れたんですけど、ホームラン打たれて・・・」

2006年6月13日ヤクルト戦 プロ2年目のダルビッシュはこの年、開幕から先発ローテンションの一角を任され4勝5敗。この日は4回を終え、4失点を喫していた。そして、むかえた5回裏、ラロッカに2ランホームランを浴び、5回途中、6失点で降板した。

ダル:「こりゃ、しゃあないなと。そのあと肩痛ったとか、いつものように言い訳を多分してた。それで、東京ドームホテル帰って、こりゃ、ダメだな。このままじゃ俺ほんと、1軍半とか2軍の選手になっちゃう、と思って、何か変えなきゃいけないなと思って、からです。そんで今までの人生、約20年だったんでその時がこれ、20年一瞬だったから、40歳も一瞬じゃん、と思って・・したら、これ、僕の考え方なんですけど、自分40歳になってクビになって何も仕事が無い状態になろうと思って、頭の中で・・なって、自分の前に神様があらわれて「1回だけチャンスあげるから20歳の時に戻っていいよ」って言われたらみんな戻って絶対努力するじゃないですか。それで今、戻ってきた。東京ドームホテルに、っていうことにしようと思って。すごいやんなきゃヤバイ、やんないとまた同じことになる、ってに思いこんで。それで次の日にちょうどサプリメント会社の人が神宮球場にきてて、パンフレットください、って言っていろいろ教えてもらって。そっからです。全部。」

これを境に持ちを改めたダルビッシュ。練習への取り組み方を変え、栄養学やトレーニングの勉強もこの頃に始めたという。

結局、プロ2年目のシーズンは、12勝5敗(防御率2.89)と初めての2桁勝利。

さらに日本シリーズでも勝利をあげ、球団史上44年ぶりの日本一にも貢献。飛躍の年になった。

ダル:「で、その時の神宮球場でのMAXが144㎞/hで中日との日本シリーズの時に153㎞/hが出た。成功体験がそこにあるので、「このままでいいんだ」と思ってずっとそのまま勉強してきた。」

この20歳のときに、40歳の仕事のない状態を仮定して、自ら危機感を煽るという方法がすごいですね。

 【今日の2CH(『Change』と『Challenge』)】

次男と親子音楽ムーブメント

厚生労働白書(平成30年度版)を読んでみました

普段なかなか政府刊行物を読む機会は、ありませんが厚生労働白書は、毎年軽く読むようにしています。 下記の厚生労働省のサイトから無料でダウンロードできます。

https://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/index.html

仕事に生かせるヒントがあるかもしれませんし、何か興味を持てることが書いてあるかもしれません。 社会保険労務士試験の受験時は、試験対策として、読んでいましたが合格後の仕事とかけ離れていても試験のことを思い出したり、つながりを継続する意味で読むのもアリかと思っています。

通常は、その年の夏から秋にかけて公表されますが、中央省庁の障害者の水増し雇用、毎月勤労統計の不正処理などの影響で、この時期(7/9)まで遅れたようです。

テーマは、下記のようになっています。

【第1部】 テーマ 「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」    

障害や病気を有する方などに焦点を当て、障害の特性や病状などの事情に応じ、就労や社会参加を通じて自分らしく生きることができる社会の実現に向け、現状や国民の意識、事例の分析を整理しています。そのうえで、全ての人が活躍できる社会の実現 に向けた方向性を示しています。

【第2部】テーマ 「現下の政策課題への対応」 子育て、雇用、年金、医療・介護など、厚生労働行政の各分野について、最近の施策 の動きをまとめています。

2部構成になっていて、第2部のテーマ「現下の政策課題への対応」は、平成22年から変わっていないので、実質、第1部のテーマが白書で取り上げたいことということになるでしょう。

ちなみに過去5年の第1部のテーマは、以下のようになっています。

平成29年 社会保障と経済成長

平成28年 人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える

平成27年 人口減少社会を考える ~希望の実現と安心して暮らせる社会を目指して~

平成26年 健康長寿社会の実現に向けて ~健康・予防元年~

平成25年 若者の意識を探る

今回、第1部の概要について、書いていきたいと思います。

はじめに、障害や病気を有する者などの現状と取組みを紹介しています。 障害者の現状として、障害者数は増加傾向にあり、2006年と2018年を比べるとおよそ1.4倍(936.6万人)になっているそうです。 (身体障害者は1.2倍、知的障害者は2.4倍、精神障害者は1.5倍)

社会参加や自立への支援の取り組みとして、障害者雇用率制度(事業主に障害者の雇用義務を課す制度)や在宅就業障害者支援制度、ハローワークによる就労支援制度などを紹介しています。

病気を有する者などの現状として、5疾病(悪性新生物(がん)、脳卒中、心筋梗塞等の心血管疾患、糖尿病、うつ病やその他のこころの病気(精神疾患))を挙げていて、人口100人当たりの患者数は、悪性新生物(がん)1.4人、脳卒中0.9人、心筋梗塞等の心血管疾患1.4人、 糖尿病2.6人、うつ病やその他のこころの病気(精神疾患)2.7人となっています。

糖尿病、うつ病やその他のこころの病気(精神疾患)、悪性新生物(がん)を罹患しながら通院している人数は増加傾向にあります。また、不妊治療にも触れています。

5疾病は統計上、以下のような状況です。

・悪性新生物(がん)については、約35%が離職し、離職のタイミングは治療開始前が約40%

・脳卒中については、復職率は50〜60%。

・心筋梗塞等の心血管疾患については、復職率は約70〜80%

・糖尿病については、約8%が通院を中断

・精神疾患については、仕事や職業生活に関するストレスなどを感じている労働者は約60%

企業では、健康診断に基づく健康管理やメンタルヘルス対策をはじめとして、労働者の健康確保に向けた様々な取組みが行われてきましたが、近年では、労働者の健康確保や障害や病気を有する労働者の活用に関する取組みが、健康経営やワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティ推進、といった観点からも推進されています。

厚生労働省では、がんなどの疾病を有する労働者が、業務によって疾病を増悪させることがないよう、事業場において適切な就業上の措置を行いつつ治療に対する配慮が行われるようにするため、関係者の役割、事業場における環境整備、個別の労働者への支援の進め方を含めた事業場における取組みをまとめた「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」、4疾病(がん、糖尿病、脳卒中、メンタルヘルス)に関する 「治療と就労の両立支援マニュアルを策定しています。

また、障害者雇用・障害者就労支援など、治療と仕事の両立支援・健康づくり、 社会活動を行うのに困難を有する者などへの支援について、様々な取組みを行っている企業・支援団体を紹介しています。

興味のある方は、詳細を原文で読まれるのがよいと思います。

最後に、包摂と多様性がもたらす持続的な社会の発展に向けて、ニッポン一億総活躍プランのロードマップにもある「地域共生社会の実現」の「支え手側と受け手側が常に固定しているのではなく、皆が役割を持ち、支え合いながら、自分らしく活躍できる地域社会の実現を目指す。あわせて、寄附文化を醸成し、NPOとの連携や民間資金の活用を図る。また、支援の対象者ごとに 縦割りとなっている福祉サービスの相互利用等を進めるとともに、一人の人材が複数の専門資格を取得しやすいようにする」という方向性を記しています。

今回、厚生労働白書を読んでみて、第1部の概略について、書いてみました。

興味のある分野があれば、読んでみてはいかがでしょうか。

【今日の2CH(『Change』と『Challenge』)】

 久しぶりに晴れました。(日照時間が21日振りに3時間超)

長男、次男と一緒に、おひさまに「ありがとう!」

社労士の業務とは?

社会保険労務士の業務について、あらためて考えてみます。

社会保険労務士法で定められている業務は、以下の通りです。

(1)申請書等の書類作成の事務(社労士法2条1項1号)

(2)提出代行事務(社労士法2条1項1号の2)

(3)事務代理(社労士法2条1項1号の3) (4)紛争解決手続代理業務(社労士法2条1項1

号の4~6)

(5)帳簿書類(申請書等の作成を除く)の作成の事務(社労士法2条1項2号)

(6)労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項についての指導・相談(社労士法2条1項3号)

(7)裁判所における補佐人としての出頭・陳述(社労士法2条の2)

(1)~(4)を1号業務(社労士法2条1項の1号に定められているため 以下、同様)、(5)を2号業務、(6)を3号業務といい、(7)については、平成27年4月から施行されました。

(1) が社労士の業務としては、最も一般的な業務といってもよいでしょう。

例えば、雇用保険では、資格取得届、資格喪失届、離職票の作成などです。

また、助成金の申請も該当します。

(2)の提出代行と(3)事務代理の違いは、行政機関等に主張・陳述するのが、提出代行は、本人であるのに対し、事務代行は、社労士となります。

1号業務については、今後、政府が進めている電子政府の影響で電子申請が主流になることは間違いないでしょう。

(5)の2号業務の具体例としては、法令により、作成が義務付けられている労働者名簿、賃金台帳、就業規則の作成があります。

(就業規則は、10人以上の事業場では、労働基準法で作成・届出が義務付けられていて、10人未満の事業場では、義務付けられていませんが10人以上の事業場の就業規則の作成については、1号業務となり、10人未満の事業場の就業規則の作成は、2号業務となる、と厚生労働省から回答を得ているようです。)

また、団体交渉への出席、労働協約の検討などの労使関係に関する事項の相談、指導も含まれています。

(6)の3号業務については、いわゆるコンサルティング業務で労務管理に関する一切の事項を指します。

キーワードとして、挙げていきますと、人事・賃金制度、評価制度、目標管理、退職金制度、解雇・退職、安全衛生、セクハラ・パワハラ、ダイバーシティ、メンタルヘルス、残業代未払い、長時間労働、マイナンバー、短時間正社員、サテライトオフィス・テレワーク、人事・賃金システムの導入支援・改善、IPO支援、SNS対策、労基署の臨検の立ち合い、電子申請、働き方改革、同一労働同一賃金、法改正対応といった様々な問題への対応があります。

今後は、この3号業務が社労士にとって重要な業務となる、と以前から言われています。 私の業務も3号業務を中心にしていきたいと考えています。

【今日の2CH(『Change』と『Challenge』)】

Dyson Pure Cool 購入

本日からブログを始めました。

現在、会社に在籍中ですが近い将来に独立開業を考えている勤務社労士です。

諸事情により、本名はしばらく、控えさせていただきます。

法改正情報、社労士として日々考えること、勤務社労士の日常業務など日々書き連ねていきたいと思います。

簡単に自己紹介しますと現在は、某上場会社の子会社にて主に社会保険などを担当しております。

一般会社の総務職、社会保険労務士事務所職員などを経て、現在の職となります。

ブログを書くことにした理由は、以下の通りです。

1.アウトプット力を養う

読書やセミナーの受講などインプットする機会はありますが、アウトプットする機会は意識しないとなかなか作り出せません。頭の中にあることとそれを人に説明することは違います。知識を整理し、人に説明する訓練として、ブログはとても有効であると考えます。

2.記事を書く際にその業務と向き合うことができる

普段、何気なく行っている業務も記事を書くことにより、その業務の本質や問題点、疑問点などを考察するよい機会になると考えます。

3.自分を知ってもらうことにより、仕事の依頼につながる可能性がある

他の社労士と違う自分の考え方や手法を知ってもらうことにより、将来的の仕事の依頼につながる可能性があると考えています。

それでは、今後よろしくお願いいたします。

【今日の2CH】

日々の『Change』と『Challenge』を書きたいと思います。

(当然ですが某掲示板のことでは、ありません・・・)

隣駅の喫茶店で本ブログ執筆